ひたひた

ひたひたとは・・・

ひたひた(ヒタヒタ・hitahita)は、
水や煮などの量を表す際、またはと水や煮汁との量の関係性を表す際に使われる言で、食材の大部分が浸かっているくらいの量を意味する。量の目安としては、に入れた食材の頭が少し見えるか見えな位の量、食材の1~2割ほどが水や煮汁から少し頭を出しているような量をいう。

Share