かき揚げ

かき揚げとは・・・

かき揚げ(かきあげ・掻き揚げ・Kakiage)は、
芝エビや小柱、シラス、桜エビ、アサリのむき身、シラウオなどの小ぶりな魚介類や、細かな食材、または千切りにした野菜(ネギ、タマネギ、ニンジン、ゴボウ等)などの細かくした食材を、、水、卵で作る衣で和えて、お玉などで一かたまりにまとめ、菜種油や胡麻油などの食用油で揚げた料理。またはその調理法。日本料理の一種。揚げ物料理。天ぷらの一種。「かき」混ぜて「揚げ」ることから、「かき揚げ」の名がついたといわれる。

出来上がったものそのままを、塩や抹茶塩、天つゆなどで頂くほか、丼に盛ったご飯の上にのせ、タレなどをかけて天丼(かき揚げ丼)にして食する。また、かけそばやかけうどんの上にトッピングしたかき揚げそば、かき揚げうどんなどもある。

スポンサードリンク


桜エビのかき揚げ

スポンサーリンク

Share