鴨鍋

鴨鍋とは・・・

鴨鍋

鴨鍋(鴨なべ・かも鍋・かもなべ・Kamonabe)は、
鴨の肉をネギや白菜、水菜などの野菜類やキノコ類、白滝、豆腐などと共に煮込んで作る鍋。鴨肉を使った鍋料理の一種。鴨肉は、天然のマガモを用いる場合と、合鴨が使われる場合がある。鴨鍋の作り方としては、水または昆布出汁に鴨肉を入れて、鴨肉の旨味を引出しながら鍋にするスタイルや、出汁に野菜を入れその上に鴨肉をのせて煮込むスタイル、まず鍋で鴨肉を焼いてから出汁を加え、野菜などと共に煮込む「すき焼き風」(鴨すき・鴨すき鍋)のスタイルなど、バリエーションがある。

スポンサードリンク

滋賀の郷土料理

滋賀県では、冬に琵琶湖に飛来してくるマガモ(青首)を使い、昆布やカツオのだしに醤油、砂糖、酒などを入れた出汁で、ネギ、セリ、焼き豆腐、糸こんにゃくなどと共に煮込んで食する「鴨鍋」が郷土料理となっている。冬の味覚として知られるこの鴨鍋は古くから伝統的に食されているもので、豊臣秀吉も好んで食べたという話も伝わっている。滋賀の鴨鍋の旬は11月から3月。

スポンサーリンク

Share