小原の箱寿司

小原の箱寿司とは・・・

小原の箱寿司(小原のはこ寿司・小原の箱ずし・おばらの箱寿司・小原のはこずし・おばらのはこずし・Obara no Hakozushi)は、
愛知県豊田市の小原地区で伝統的に食べられてきた郷土料理。五段で一組になった特別の木箱を用いて作られる箱寿司の一つで、伝統的に「へぼ(ハチノコ)」を食材の一つに用いるのが特徴。へぼの箱ずし。専用の木箱の中に酢飯(寿司飯)を入れ、さらに、、野菜類などをヘボと共にトッピングし、詰めて押して作られる。

Share