八重造り

八重造りとは・・・

八重造り(やえ造り・八重づくり・八重作り・やえ作り・やえづくり・Yaezukuri)は、
などのの一つで、一刃おきに浅くを入れ、切り離していく切り方。またはそうしてつくられた料理。切り掛け造り、二枚造り、二枚包丁とも。、鰯、、サゴシなど、身が柔らかい魚や、皮付きのまま(霜降り等)でに引く場合などに用いられる切り方。皮が少し硬めでも、切れ目が入っているために食べやすくなる。

Share