やきなす(品種)

やきなすとは・・・

やきなす(Yakinasu)は、
新潟県で生産されている茄子の一品種。その名の通り、「焼きナス」用に改良された茄子で、薄い皮、柔らかな肉質で焼くととろけるような美味しさが特徴。「焼きナス」用の茄子として、地元を始めとする新潟の人々に愛されている。「蒸かしなす」や「やきなすの南蛮漬け」などでも食される。

昭和30年代に、豊栄市(とよさかし=現・新潟市北区)の農家が「鉛筆ナス(えんぴつ茄子)」から大きなものを選別、焼きナス用に改良したといわれる。大きさは一般的な茄子の3倍から4倍ほどもあり、最大で重さ300グラム、長さ30センチメートルにもなる。

スポンサードリンク

新潟市北区の木崎地区のごく少数の農家の手により栽培されている希少なブランド茄子であり、県内消費が主で県外へはほとんど流通していない。旬は5月下旬~9月下旬頃まで(もっとも美味しい時期は6月~7月下旬頃まで)。

Share