あんぱん

あんぱんとは・・・

あんぱんは、パンの中に小豆などで作ったあんを詰めたパン。日本生まれの菓子パン。

幕末の士族で、・木村屋の創業者、木村安兵衛が考案した。

スポンサードリンク

酸味が強過ぎるとして当時の日本人に中々受け入れられなかったパンを、

日本人の口に合うように改良し、饅頭にヒントを得て、パン酵母の代わりに酒種を用い、
中心に桜の塩漬けをのせて、小豆アンを入れたあんぱんを作り上げた。

つぶあん、こしあんのほか、白あん(インゲン豆)、うぐいすあん(青えんどう豆)、
桜あん、芋あん(サツマ芋)、栗あんなど、様々な種類がある。

また、油で揚げた揚げあんぱんもある。

Share