せんちまき

せんちまきとは・・・

せんちまき(センチマキ・Senchimaki)は、

サツマイモを砕いて水にさらし、天日干しして発酵させ、取り出したでんぷん質を粉にして作られる「せん」で作るちまき。長崎県対馬の郷土菓子で、祝いの際などに食される。

スポンサードリンク

「せん」は、対馬で伝統的に作られてきた保存食で、丸めて天日干しした「せんだんご」を臼などで粉にし、熱湯で耳たぶほどの硬さにこねて、あんを包み、サルトリイバラの葉でくるんで蒸しあげる。

「せん」を用いて「せんちまき」以外にも、「せんそば」や「せんもち」「せんだんご汁」「せんだんごぜんざい」なども作られる。

Share