又兵衛鍋

又兵衛鍋とは・・・

又兵衛鍋(またべえなべ・Matabeenabe)は、

岩手県宮古市に伝わる郷土料理。伝統料理。

スポンサードリンク

鮭の腹子(イクラ)の卵をバラバラにほぐした後に残る卵膜・筋・袋を用いて作る料理で、一口大に切ってから、キャベツ、ネギ等の野菜やニンニクと共に炒めて醤油や酒、味噌などで調味する。

宮古市の津軽石川は、鮭が沢山遡上する川として知られ、古くから好漁場となってきた。その津軽石川河口付近には、鮭漁のために寝泊まりしたり、漁の後に鮭を捌いたりするために使用する小屋(鮭小屋・番屋・津軽石川鮭番屋)があり、又兵衛鍋はそこで賄い料理として作られてきたといわれる。食糧事情の変化してきた現代ではあまり作られることもなくなってきたというが、かつてこの又兵衛鍋を口にした人によれば、すき焼きに勝るとも劣らないほど美味という。

Share