しのだけ

しのだけとは・・・

しのだけ(篠竹・篠だけ・しの竹・しのダケ・Shinodake)は、
イネ科ササ属のササの一種「チシマザサ」の別名、地域名、地方名。チシマザサの若竹の名称。タケノコの一種。山菜の一つ。主に京都などで用いられる呼び名。篠竹(すすだけ)とも。

しのだけの食べ方

アクが少ないので、採ってきた(または購入してきた)「しのだけ」の筍(篠竹の子)をそのまま焼いたり茹でたりして食べるほか、、和え物、汁物など、様々な料理に利用される。「しのだけの姿焼き」「しのだけの炒めもの」「しのだけの手まり寿司」「しのだけと焼き鯖の炊きあわせ」など。

Share