デミカツ丼

デミかつ丼とは・・・

デミカツ丼

デミかつ丼(デミカツ丼・でみカツ丼・でみかつ丼・でみかつどん・Demikatsudon)は、
カツ丼にデミグラスソースをかけたもの。丼に盛ったご飯の上に茹でたキャベツ(または生の千切りキャベツ)とカットしたトンカツをのせ、デミグラスソースをかけた丼料理。デミグラスソースカツ丼(デミグラスソースカツどん)。ドミグラスソースカツ丼(ドミグラスソースカツどん)、ドミかつ丼とも。岡山のご当地グルメ。岡山のソウルフード。岡山県のB級グルメ、ご当地どんぶりとして知られる。おかやまデミカツ丼。店によって様々なバリエーションがあり、「デミグラスソース」のベースとして、フォン・ド・ボー(※)のほかに、鶏がらや煮干し、中華スープなど、各店それぞれのこだわりのスープが用いられ、ソースやケチャップなども用いた様々な味わいの「デミグラスソース」がかけられている。

デミかつ丼の発祥

1931年創業の岡山市内の料理店「味司 野村」で提供されたのがその発祥といわれる。「味司 野村」の創業者・野村佐一郎氏が、東京の帝国ホテルで味わったデミグラスソースでアイデアを思いつき、自らのお店を開いた際に提供するようになったという。その味は次第に広まり、洋食店のみならず、中華料理店や食堂、喫茶店などでも提供されるようになり、岡山のご当地グルメとして定着していった。提供店では単に「」としてメニューに記載している場合も多い。他地域で一般的に「」と呼ばれるダシと卵でとじたカツ丼は、別に「かつ玉丼(カツたま丼)」、「卵カツ丼」「卵とじカツ丼」などと呼ばれる場合もある。デミカツ丼は、ラーメン店で提供されていることも多く、ラーメンとセットになったメニューも提供されている。

※フォン・ド・ヴォー・・・仔牛の骨付き肉やスジを一度焼いたものと、玉ねぎ、セロリ、ニンジンなどの野菜、トマトを入れて長時間煮込んで作るフランス料理のスープ。

(画像提供:岡山県観光連盟)

Share