堀川ごぼう

堀川ごぼうとは・・・

堀川ごぼう(堀川牛蒡・堀川ゴボウ・ほりかわ牛蒡・ほりかわごぼう・Horikawa gobo)は、
京都の伝統野菜の一つ。約400年前から栽培されているといわれる。直径は約6~10センチメートル、長さは約60センチメートル前後。質が高く、高値で取引され、料亭などでも使われる。中に空洞があるのが特徴でこの空洞をいかして中に詰め物をする料理「堀川牛蒡の射込み(鋳込み)」にしたり、みぞれ煮、含め煮、土佐煮、甘辛煮などにしたりする。「射込み」や「たたきごぼう」は京都のおせち料理の定番。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

Share