小鯵の焼き酢どり

小鯵の焼き酢どりとは・・・

小鯵の焼き酢どり(こあじの焼き酢取り・小鯵の焼き酢取り・小鯵のやきすどり・こあじのやきすどり・Koaji no Yakisudori)は、
小ぶりの鯵の鱗とぜいご、エラ、内臓を取り除き、軽く塩をしてから(またはそのまま)、網の上に載せて両面を素焼きにし、焼きたての熱いままを酢に入れたもの。

お酢にさっと浸してからすぐに食べたり、しばらく置いて味をなじませてから食べたりする。酢には鷹の爪()の小口切りにしたものを加えてもよい。

スポンサードリンク

Share