もくずがに

もくずがにとは・・・

もくずがに

もくずがに

もくずがに(モクズガニ・藻くず蟹・藻くずがに・藻くずガニ・もくず蟹・Mokuzugani)は、イワガニ科の一種。地域により、モクゾウガニ、ズガニ、ツガニ、ツガネ、ヤマタロウ、ヒゲガニ、カワガニ、ガンチ、ケガニ、などとも呼ばれる。

古来から日本各地で食用とされてきた、川で捕獲される蟹の一種で、身のほか、独特の甘みと香りのあるミソや卵巣などが珍重される。

スポンサードリンク

塩茹でのほか、ガニ汁(ガン汁・ツガニ汁・ズガニ汁・かにこ汁)などで食される。

丸ごとすり潰したものをいれ、味噌で味をつけた汁ものは、濃厚な旨味で、食べるものを魅了する。

スポンサーリンク

Share