久寿餅

久寿餅とは・・・

久寿餅(久寿もち・久ずもち・くずもち・くず餅・くずモチ・Kuzumochi)は、
小麦粉を主原料に作られる菓子。神奈川県の「川崎大師」の名物の味・銘菓として知られる。神奈川県の銘菓。神奈川県の郷土菓子。小麦デンプンを原料に作られる発酵食品。小麦デンプンを1年から2年ほど乳酸発酵させ、それをそのまままたはブレンドしてから撹拌、水を注いで沈殿させ、上澄みを捨てる、という作業を繰り返して発酵臭を取り除いてから、お湯を加えて糊状にしたものを蒸して作られる。

江戸時代に、川崎大師のそばにあった農家が、雨に濡れてしまし発酵していた小麦を、試しに蒸して食してみたところ、食感もよく、通常とは違った味わいの餅ができたのがその発祥といわれる。その食感と美味しさは江戸にも伝わり、いつしか江戸の名物ともなった。東京都江東区の亀戸天神社や東京都大田区の池上本門寺の門前町の名物ともなっている。

スポンサードリンク

葛で作られる葛餅よりももっちりとした食感が特徴で色は灰色がかっており透明感はない。食べる際には適当な大きさに切り、きなこや黒蜜をかけて食する。

Share