味噌カツ丼

味噌カツ丼とは・・・

味噌カツ丼(味噌かつ丼・みそカツ丼・みそかつ丼・味噌かつどん・みそかつどん・Misokatsudon)は、
「味噌カツ」を、丼に盛ったごはんの上にトッピングしたもの。愛知県名古屋市をはじめとする中京圏のご当地グルメ、郷土料理として知られる。「味噌カツ」は、豆味噌(八丁味噌)をベースに、、かつおダシなどを加えて作る濃厚な「味噌ダレ」をトンカツにかけたもので、名古屋めしの一つ。「味噌カツ」を、丼に盛ったごはんの上にのせた「味噌カツ丼」は、1949(昭和24年)創業の愛知県名古屋市中区栄にあるお店「味処 叶」の初代店主が戦後に「天丼」をヒントに限定メニューとして考案したのが最初といわれ、「味処 叶」は「味噌カツ発祥の店」として「元祖味噌カツ丼」を看板に掲げている。

Share