水がに

水がにとは・・・

水がに(水ガニ・水蟹・みず蟹・みずがに・Mizugani)は、
脱皮したばかり(脱皮後の経過時間が半年以内程度)のまだ甲羅が柔らかいズワイガニのこと。若がに。若松葉ガニ。甲羅が柔らかく、身も水っぽい為、「水がに」の名がある。時間が経つにつれ、甲羅が硬くなったものを「硬ガニ」という。

身がみずみずしくジューシーな味わいで、殻から身がずぼっと抜けるのが特徴。地域によっては「ズボガニ」とも呼ばれる。福井のオスのズワイガニの漁獲量のうち、水ガニが全体の6割に達するという。水揚げの時期は1月中旬~3月20日まで。前半は身がみずみずしく、後半になるに従い、身がしまった味わいとなる。水っぽいものの味もよく、食べやすくて価格も安い為、地元の人々の間では親しまれているカニという。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

Share