小樽あんかけ焼きそば

小樽あんかけ焼きそばとは・・・

小樽あんかけ焼きそば(小樽あんかけヤキソバ・おたるあんかけ焼きそば・おたるあんかけやきそば・Otaru ankake yakisoba)は、
北海道の小樽市と周辺地域で提供されている焼きそば。五目あんかけヤキソバ。北海道のご当地焼きそばの一つ。北海道のご当地麺料理。小樽のソウルフード。

約70年の歴史を持つ麺料理で、店により様々なバリエーションがある。焦げ目がつくまでよく焼いた卵麺の縮れ麺に、、白菜、人参、シイタケ、小松菜、、もやし、キクラゲ、タケノコ、エビ、ウズラの卵などが入ったたっぷりの餡がかけられているものが一般的。餡は、鶏ガラトンコツスープで、塩、砂糖、醤油などで調味したとろみのあるタイプで、お皿いっぱいに盛り付けられ提供されることが多い。小樽市内の中華料理店やラーメン店などをはじめ約100店舗で提供されている。

小樽あんかけ焼きそばは、昭和30年代に小樽市内の「中華料理店 梅月」の主が、栄養があってお腹も一杯になり、腹持ちがいいメニューをということで考案したといわれる。

店やメニューにより、用いられる食材や味付け、見た目などは様々で、(ホルモン)が入った辛い味つけのタイプ(味噌ホルモン焼きそば)などもある。

Share