刺し鯖

刺し鯖とは・・・

刺し鯖(刺しさば・刺鯖・刺しさば・刺しサバ・刺さば・さしサバ・さしさば・さし鯖・Sashisaba)は、
鯖(さば)の鱗と内臓を取り、背開きにして塩漬けにし、串に刺したもの。二尾を重ねて頭の所に串を刺す。盆魚として用いられる。江戸時代にはお盆の際に欠かせないものの一つであったという。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

Share