仙台駄菓子

仙台駄菓子とは・・・

仙台駄菓子(せんだい駄菓子・仙台だがし・せんだいだがし・Sendai Dagashi)は、
宮城県の仙台で江戸時代から生産され食されている伝統的な和菓子。駄菓子。仙台の郷土菓子。。仙台の名産品の一つ。郷土駄菓子。

江戸時代から米どころであった仙台では、「干切」などの米を使った菓子をはじめ、麦、胡麻、大豆などを主原料とする「おこし」「ねじりモノ」「丸めモノ」などの様々なお菓子が作られてきた。それらを総称して「仙台駄菓子」と呼ぶようになったのは昭和30年代以降のことという。「駄菓子」とはいうものの、そのいずれもが手をかけて作られる仙台の和菓子。

主な仙台駄菓子

干切・・・・・・・・・仙台糒(伊達政宗が作らせた糒)のおこしに黒砂糖と米飴を混ぜ丸めて固め、きな粉と蜜の皮で包み、薄切りにしたお菓子。ごぼうきりとも。
仙臺まころん・・・・・、砂糖、卵白などを入れ、混ぜ合わせて焼いた菓子。「マコロン」。
豆糖・・・・・・・・・黒糖に煎った落花生または大豆を入れ、丸形に固めた菓子。
兎玉(うさぎ玉)・・・赤餡に米飴、黒糖、餅粉を加えて練ったものに白すり蜜をまぶした丸い形の菓子。
ささら飴・・・・・・・手まりのような色鮮やかな飴。かつては竹でできた「ささら」に刺して売られていたことから「ささら飴」の名がある。
輪南京・・・・・・・・餅粉を練ったものにきなこ、黒糖を加え、上に白すり蜜をかけたもの。「ゆびわ」。
より南京・・・・・・・餅粉を練ったものにきなこ、黒糖を加え、上に白すり蜜をかけたもの。輪にせず縒ったもの。「より南」。
番茶がし・・・・・・・小麦粉と水飴で作る生地を練りあわせ、ツイスト状に編んだ揚げ菓子。
きなこねじり・・・・・餅種に水飴ときなこ、黒糖を加え、ねじったもの。黄粉ねじり。
しぐれねじり・・・・・きなこ、ゆべし粉に黒糖、米飴を加えて練り、白すり蜜をかけたもの。
胡麻ねじり・・・・・・黒ゴマ(練りごま・煎りごま)に水飴を加えて練って、ねじって固めたもの。ごまねじり。
豆ねじり・・・・・・・砕いた落花生を水飴と練り合わて固めた菓子。
青葉しぐれ・・・・・・きなことゆべし粉を、黒糖と米飴で練って、ゆべし粉をまぶしたもっちりと柔らかな菓子。
梅子・・・・・・・・・小麦粉と水飴を練った中にきな粉を包んだ菓子。うめこ。
ぶどうにぎり・・・・・餅種を焼き上げて小さな丸型にし、黒糖、米飴、麦芽水飴を加えて固めて丸くした菓子。「ぶどう」。
えそべ・・・・・・・・ピーナッツ入りの菓子種を固めて丸くした菓子。
みそぱん・・・・・・・米粉(または小麦粉)に白砂糖、黒糖、仙台味噌を混ぜ合わせて焼き上げた菓子。
塩釜(志ほがま)・・・餅米を蒸して餅にし焼いてから粉にしたもの(みじん粉)に砂糖、シソの葉を入れ、木型で押し固めた菓子。餡入りのものもある。
板塩釜・・・・・・・・みじん粉に砂糖、シソの葉を入れ、木型で押し固めて作る「塩釜」を板状(板チョコのような形状)に固めたもの。板しおがま。
きなこくし南京・・・・餅粉を黒糖で練り、きなこをまぶして半月型にした菓子。
太白飴・・・・・・・・米飴(餅飴)を練って白く仕上げた飴。柔らかな飴で仙台の名物飴の一つ。
そぼろくし南京・・・・餅粉を黒糖で練り、半月型にし、菓子種をまぶした柔らかいお菓子。
こうせん菓子・・・・・こうせん粉に白砂糖を混ぜ、型押しして作る菓子。香煎。
翁飴・・・・・・・・・米飴、麦芽水飴、白砂糖、寒天などを原料に作る柔らかな飴。
果物菓子・・・・・・・果物を模った寒天ゼリー菓子。
吉原巻・・・・・・・・餅粉をおこしにしたものを、きな粉と麦芽水飴で作ったもので巻き、薄く切った菓子。
黒パン・・・・・・・・小麦粉と砂糖、卵で作った生地を焼いて黒糖でコーティングした菓子。
かつぶし・・・・・・・粟のおこしを水飴、黒糖で固め、カツオ節の形に整えた菓子。かつお節。
金花糖(金華糖)・・・熱して溶かした白砂糖を型に流し込み、冷やし固めた六角形をしたハッカ風味の砂糖菓子。
かるめら焼・・・・・・ざらめを煮溶かし、重曹を加えて膨らませてから固めた菓子。
石衣・・・・・・・・・餡に水飴などを加え、丸く固めてからすり蜜でコーティングした菓子。

Share