酢漬け

酢漬けとは・・・

酢漬け(酢づけ・す漬け・すづけ・酢漬・Suzuke)は、
魚や野菜などの食材を酢で漬け込んだもの。または酢に漬け込むこと。食材やレシピにより、用いられる漬け込む前の下処理・下ごしらえや、漬け込み方、、漬けこむ期間などは様々で、酢で漬け込む前に塩漬けにしたり、焼いたり、油で揚げたりする場合や、漬けこむのに用いる酢に、砂糖や塩、昆布などの出汁、唐辛子などを加えたりする場合など、バリエーションに富む。元々は、食材の保存性を高めるため、(または簡易的に乳酸発酵の味わいを作りだすため)に行われる処理法、調理法の一つと考えられるが、現在では保存性を高める目的に加え、献立の一つに加える箸休め、口直し的性格の、酸味の加わった「さっぱりした」「食べやすい」「健康的」な味わいの一皿を作る目的で「酢漬け」とする場合も少なくない。「大根の酢漬け」「きゅうりの酢漬け」「玉ねぎの酢漬け」「かぶの酢漬け」など。また、酢の代わりに梅酢を用いたものを「梅酢漬け」、柚子を加えたものを「柚子酢漬け」、塩を加えたものを「塩酢漬け」とも呼ぶ。

スポンサードリンク

Share