シロウオの踊り食い

シロウオの踊り食いとは・・・

シロウオの踊り食い(しろうおのおどりぐい・Shirouo no odorigui)は、
スズキ目ハゼ科に分類される「シロウオ(素魚)」を生きたまま、口に入れて食べること。またはその食べ方。水の入った小鉢などの器に入ったシロウオを小さな網杓子で掬い上げ、酢醤油やぽん酢の入った器に入れて、それをシロウオが生きた状態のまま、)と共に口の中に流し込む。シロウオが獲れる各地で春の風物詩、春の味覚として昔から行われてきた食べ方で、特に九州の名物料理・、九州地方の食文化の一つとして知られる。福岡県の郷土料理。

スポンサードリンク

Share