下茹で

下茹でとは・・・

下茹で(した茹で・下ゆで・したゆで・Shitayude)は、
煮物などを作る際、本調理をする前に、あらかじめ食材を(別々に)茹でること。野菜や肉などの食材を調理する際に、余分な脂や水分を取り除く、アクを取る、ヌメリや臭みを取る、殺菌する、火の通りを良くする、色よく仕上げる、調理した際に味をしみこみやすくする、などの目的で、あらかじめお湯で軽く茹でること。本調理の前に、食材の下ごしらえとして、お湯で短時間茹でること。さっと軽く茹でる場合が多いが、食材により、数秒から数分までゆで時間などは異なる。また、和え物などを作る際に、和える前に軽く茹でる場合も下茹でという。主に、大根やニンジン、レンコン、里芋などの根菜類、、タケノコなどの山菜類、牛スジ、、バラ肉などの肉類、ブロッコリーやアスパラガス、ほうれん草などの野菜類、コンニャク、魚のアラなどに用いられる調理法、下ごしらえ、下処理の一つ。

Share