すいおう

すいおうとは・・・

すいおう(スイオウ・Suio)は、
甘藷()の若葉(甘藷若葉)を食用に選別、改良した品種の一つ。「甘藷若葉」は、サツマイモの葉・茎・葉柄の部分のことで、サツマイモの茎や葉は、食物繊維をはじめ、ミネラル、ビタミン、たんぱく質などが豊富で、アジア諸国では栄養価の高い野菜として扱われてきたもの。日本では青臭さやエグ味などから野菜としては流通してこなかったが、その甘藷若葉を野菜として美味しく食べられるように改良されたものが「スイオウ」で、その名は、葉が大きく翠色(みどりいろ)が濃厚なことから「すいおう(翠王)」と名付けられたもの。

夏場の葉野菜としてのほか、青汁として飲むことも可能。

Share