梅煮

梅煮とは・・・

梅煮(うめ煮・梅に・ウメ煮・うめに・Umeni)は、
魚(主にイワシや秋刀魚、サバ、、稚鮎、ワカサギなど)や、肉(鶏肉、豚肉など)、野菜などを煮る際に「梅肉」を入れて煮たもの。またはその調理法。、または肉類を醤油、酒、、みりんなどに加え、梅肉を入れて、煮て作る。香梅煮、紅梅煮、梅干し煮とも。

イワシを煮る際に梅肉を入れたものを「いわしの梅煮(イワシ梅煮・鰯梅煮)」、サンマを用いて作るものを「秋刀魚の梅煮(サンマ梅煮)」、アジで作るものを「アジの梅煮(アジ梅煮)」、サバで作るものを「サバの梅煮(サバ梅煮)」、鯛で作るものを「鯛の梅煮(鯛梅煮)」、鮎で作るものを「鮎の梅煮(鮎梅煮)」、稚鮎で作る梅煮を「稚鮎の梅煮(稚鮎梅煮)」、ワカサギのものを「ワカサギの梅煮(ワカサギ梅煮)」、太刀魚(タチウオ)で作るものを「タチウオの梅煮」、カツオのものを「カツオの梅煮(鰹梅煮)」という。また、鶏肉や豚肉で作るものをそれぞれ「鶏の梅煮(鶏梅煮)」「豚の梅煮(豚梅煮)」というほか、「ごぼうの梅煮(ごぼう梅煮)」「さつまいもの梅煮 」「里芋の梅煮」「長芋の梅煮」「冬瓜の梅煮」「蒟蒻の梅煮(こんにゃくの梅煮)」などもある。

Share