おかひじき

おかひじきとは・・・

(オカヒジキ・Okahijiki)は、アカザ科オカヒジキ属の一年草。
その見た目が海藻の「ヒジキ」に似ている事から、この名がある。別名ミルナ(水松菜)。

東北地方では古くから食べられてきた植物で、江戸時代には、栽培も始まっている。

スポンサードリンク

天然物の旬は4月中旬から5月にかけてで、伝統野菜として栽培される山形県置賜市を始めとする山形では、4月から10月中旬くらいにかけて、収穫が行われる。

さっと湯がいて、おひたしや和え物に、汁物や吸い物の具に、または生のままサラダなどにして食べる。

おかひじき

おかひじき

おかひじき

おかひじき

Share