煮切り酒

煮切り酒とは・・・

煮切り酒(にきりざけ・煮きりざけ・Nikirizake)は、
日本酒を鍋に入れて、沸騰させ、アルコール分を飛ばしたもの。
さらに煮詰めて旨味を凝縮させる場合もある。

料理にアルコール臭やアルコール成分を加えずに、日本酒の旨味を加えるために用いられる調理法。
主に日本料理、和食の調理で使われる。

スポンサードリンク

単に「煮切り」とも呼ばれ、アルコール分を飛ばす事を「煮切る」ともいう。
→ 煮切り

味醂(みりん)を用いる場合は煮切りみりんと呼ばれる。

煮切り酒の作り方としては、
鍋に酒を入れて、沸騰させる、
沸騰させてからマッチ等で火をつけるなどの方法がある。

和え物や酢の物、あまり火を加えずにさっと調理する煮物などには重宝されるものの一つ。

Share