聖護院大根

聖護院大根とは・・・

聖護院大根(聖護院だいこん・しょうごいん大根・しょうごいんだいこん・Shogoin daikon)は、
アブラナ科ダイコン属の野菜ダイコンの品種の一つ。尾張の宮重大根が原種とされる。大きな球形をしているのが特徴。「京の伝統野菜」の一つ。「ブランド京野菜」の一つ。苦味が少なく煮ても煮崩れしにくい為、おでんや風呂吹き大根などに用いられるほか、漬物などにも用いられる。京の冬には欠かせない野菜の一つといわれる。主な生産地は京都府の亀岡市、城陽市、久御山町などのほか、各地で栽培されている。淀地域で栽培されているものを「淀大根」「淀丸大根」とよぶほか、単に「丸大根」とも。

スポンサードリンク

Share