あごのやき

あごのやきとは・・・

あごのやき()は、
あご(トビウオ)のすり身に酒、みりん、塩、砂糖などを加えて焼いたもの。島根県(及び鳥取県中西部)の名産品、島根の郷土食として知られる。島根の沿岸全域で多く獲れるアゴ(トビウオ)をすり身にし、出雲地方に昔から伝わる「地伝酒」と呼ばれる濃厚な味わいを持った独特の酒を加えて、炭火でじっくりふっくらと焼き上げる。

「竹輪」()の一種だが、通常の竹輪に比較して大きいものが多く、伝統的なサイズは直径7~8cm、長さ70cmで重さ1.5キロにもなる。

5月から9月にかけて沢山捕れるアゴを使い焼き上げていく作業は、暖い時期に行われることになり、熱気と煙に包まれる「焼き」の作業は屋外で行われることが多く、そのため「野焼き」の名があるといわれる。酒の肴として愛され、包丁を使わずに手でちぎって食べるのが通といわれる。

あごのやき

あごのやき

あごのやき

あごのやき

Share