かき菜

かき菜とは・・・

かき菜は、アブラナ科アブラナ属の
主に、栃木県市や足利市、および両毛地域で栽培されている野菜で、春にされる。
ビタミン、鉄分、カルシウムが豊富で栄養価も高い。
特にカルシウムはホウレン草の3倍もの量が含まれる。

名前の由来は、成長中の若芽を掻きとってにすることから。
「茎立」として古くからこの地域で知られていた野菜で、
集にも、「佐野の茎立折りはやし」と詠まれている。

和えなど。

地元の佐野市観光物産会館やみかも山観光物産会館では、
かき菜を練りこんだ「かきなまんじゅう」も売られている。

Share