ガワ料理

ガワ料理とは・・・

ガワ料理(がわりょうり・ガワりょうり・Gawa Ryori)は、
静岡県御前崎の郷土料理。カツオや鯵、ヘラなどを用いて作られる漁師料理で、かつて漁師が沖合でお腹が空いた際に、獲れたてのカツオを骨ごと叩き、氷の入った冷たい味噌汁に加えて、ご飯にかけて食べたのがその始まりといわれる。

その名前は、食べる際に(氷が入っていることから)ガワガワと音を立てながら食べることから名付けられたといわれる。元々は魚と味噌と水だけで作られていたというが、現在ではねぎ、、生姜、、にんにくなどを薬味として入れたり、梅干しを風味づけとして入れる場合も多い。また、家庭によっては、きゅうり()やキャベツ、漬物などを入れる場合もある。濃いめの味付けの冷たい味噌汁に脂がたっぷりとのった新鮮な魚がよくあう。加熱しないで食べられることから、手軽でしかも栄養価も高く、暑い夏にはぴったりの料理。

スポンサードリンク

Share