ひりょうず

ひりょうずとは・・・

がんもどき

ひりょうず(飛竜頭・Hiryozu)は、
1. 水気を取って崩した豆腐に、人参やごぼう、、ひじきなどを細かく切って混ぜ合わせ、形を整えて油で揚げたもの。豆腐加工品、揚げ物の一種。がんもどき。

スポンサードリンク

卵や山芋などをつなぎに入れる場合も多い。ひりうず、ひろうす、ひりゅうずとも。その名前は、小麦粉と卵を混ぜ合わせて油で揚げたポルトガルのお菓子「フィリョーシュ・フィリョース(Filhós)」に由来するともいわれる。 → フィリョースとは


ポルトガルの菓子 フィリョース

2. 餅米(糯米)の粉を蒸してから練って、とき卵などを混ぜ合わせ、油で揚げて蜜をかけた食べ物。南蛮伝来の菓子(南蛮菓子)の一つ。

スポンサーリンク

Share