ホッコクアカエビ

ホッコクアカエビとは・・・

ホッコクアカエビ

ホッコクアカエビ(北国赤海老・ほっこく赤えび・ほっこくあかえび・Hokkokuakaebi)は、
タラバエビ科のエビの一種。一般には甘エビ(あまエビ・甘海老)と呼ばれることが多い。新潟などでは南蛮えびとも呼ばれる。身が甘いことから「甘えび」、南蛮(唐辛子)のように赤いことから「」とよばれるようになったといわれる。身には甘みがあって味が濃く、刺身や寿司などで親しまれるほか、吸物や味噌汁、天ぷらなどで食される。また、地域によっては塩辛などで食されることもあるほか、天日干しのものや、煎餅なども市販されている。味噌も濃厚で旨味がある。

→ なんばんえび

ホッコクアカエビ

Share