いきなり団子

いきなり団子とは・・・

いきなり団子

いきなり団子(いきなりだんご・Ikinari dango)は、
輪切りにしたさつま芋と小豆餡を、餅、または小麦粉で作る生地で包んで蒸したもの。熊本県の郷土菓子。熊本名物。熊本のソウルフード。いきなりだごとも。さつま芋と餡を餅や小麦の生地で包んで蒸すだけという手軽な菓子で、伝統的に家庭で作られてきたほか、菓子店、スーパーマーケット、道の駅などでも市販されており、皮によもぎや黒糖が入ったもの、栗、芋あん、紅芋を包んだもの、さらには凍らせた「いきなり団子」を半解凍の状態で食べる「冷しいきなり」など、変わり種も出ている。

スポンサードリンク

いきなり団子の名前の由来

その名の由来は諸説あるが、「地元の古い方言で「簡単」を意味する言葉「いきなり」からきている」や「急な来客があっても短時間で「いきなり」作って出せるから」「生のさつま芋を包んで調理することから「生き成り」という言葉にかけている」ともいわれる。

スポンサーリンク

Share