葉焼き

葉焼きとは・・・

葉焼き(はやき・Hayaki)は、
に重曹を混ぜ、黒やくるみ、味噌を練りこんで、
茗荷(ミョウガ)の葉で包んで焼き上げる菓子。「みょうがの葉焼き」「みょうが葉焼き」。

岩手県一関市の藤沢町や花泉町などで、
七夕りやのお供えとして、古くから作られてきた菓子。

かつては農作業の合間の間食として、子供たちのとしても食べられていた。
隣接する宮城県原市などにも同様の郷土菓子が伝えられている。

Share