海藻

海藻とは・・・

海藻

海藻(海そう・海草・かいそう・Kaiso)は、
海岸や岩礁、海面、海中、海底など、主に海から採取される藻類の総称。天然ものと養殖ものがある。海に囲まれた日本では古くから食用となってきたもので、出汁を取るための昆布をはじめ、海苔、わかめなど、日本料理には欠かせない重要な食材の一つ。

食用となる主な海藻

食用となる主な海藻類として、、海苔、ワカメ、アカモク、岩ノリ、フノリ、銀杏草、カジメ、アオサ、モズク、ギバサ、天草などがあり、生のまま、もしくは乾燥、塩漬け(塩蔵)などで流通する。料理により、適宜水や湯などで戻したり、塩抜きしたり、そのまま用いたり、加熱したりして利用される。日本の各地に、その地域ならではの海藻が食用となっていることもあり、またその土地ならではの海藻を用いた海藻料理、漁師料理がある。一説には、日本国内で食用となる海藻の種類は100種を超えるともいわれる。大きく分けて、コンブやヒジキ、モズク、ワカメなどが含まれる「褐藻類」、アサクサノリやテングサが含まれる「紅藻類」、アオサ、アオノリなどが含まれる「緑藻類」がある。

褐藻類

コンブ、ヒジキ、モズク、ワカメ、アカモク、アラメなど

紅藻類

アサクサノリ、テングサ、トサカノリ、、フノリなど

緑藻類

アオサ、アオノリ、ヒトエグサ、海ぶどう(クビレズタ)など

海藻を用いた料理

一般的な海藻を用いた料理としては、味噌汁などの汁物、酢の物、炊き込み御飯、サラダ、和え物、、揚げ物(天麩羅、唐揚げ)、おにぎり、、などがある。また、刺身などのつま、飾りとして用いられる。

フノリの味噌汁
フノリの味噌汁
昆布
昆布
ひじきの煮物
ひじきの煮物
んきゃふ
海ぶどう(んきゃふ)

トサカノリ
Share