かしわめし弁当

かしわめしとは・・・

かしわめし弁当(かしわめしべんとう・Kashiwameshi Bento)は、
かしわを用いて作られる九州や山口の「かしわめし(かしわ飯)」を弁当にしたもの。「かしわ」とは以西で肉のこと。かしわを鶏のや調味料で炊きこんだ「かしわめし」の上に、やみりん、出汁などで甘辛く煮た「かしわ(かしわ煮)」や錦糸、海苔などがトッピングされたものが多い。筑前煮やシューマイなどのおかずが入っているものや、鶏のそぼろがトッピングされたものもある。

エリアの折尾駅、崎駅、八幡駅、戸畑駅、小倉駅、若松駅、直方駅、赤間駅、福間駅で販売している「東筑軒」、佐賀(及び福岡)の鳥栖駅、新鳥栖駅、久留駅で販売している「中央軒」、小倉駅、門司駅、門司港駅、博多駅で販売している「北九州弁当」のものなどが知られている。そのほか、宮崎、島根、広島などでも「かしわめし弁当」が売られている。

Share