香梅煮

香梅煮とは・・・

香梅煮(こうばい煮・こうばいに・Kobaini)は、
、サンマ、、ワカサギ、鮎、稚鮎などの魚を煮る際に、(梅肉)を入れて煮たもの。またはその調理法。梅煮(うめに)とも。、酒、みりん、砂糖などで作る煮汁に、下処理してさっと塩を振ってから適宜下茹で又は素焼きした魚を入れ、さらに種を取った梅干し(梅肉)を加えて煮る。梅肉の香りが魚の生臭みを取ってさっぱりとした食べやすい味わいとなる。イワシを用いて作るものを「いわしの香梅煮(いわし香梅煮)」、秋刀魚で作るものを「秋刀魚の香梅煮(秋刀魚香梅煮・サンマ香梅煮)」、サバで作るものを「サバの香梅煮(サバ香梅煮)」、同様にワカサギ、鮎、稚鮎で作るものを「ワカサギの香梅煮(ワカサギ香梅煮)」「鮎の香梅煮(鮎香梅煮)」「稚鮎の香梅煮(稚鮎香梅煮)」という。また、牡蠣を用いた「牡蠣の香梅煮」もある。

Share