クラカケトラギス

クラカケトラギスとは・・・

クラカケトラギス(くらかけとらぎす・Kurakake toragisu)は、
スズキ目トラギス科トラギス属の魚。模様がトラのようで形がキスのようであることから「トラギス」の名がついたといわれる。主に関東ではトラギス、関西(和歌山県など)や島根県、広島県、愛媛県などではトラハゼと呼ばれることが多い。そのほか、ゴジ、ゴズ、コズなどとも呼ばれる。

、煮付け、、天ぷらや唐揚げ、フライなどの揚げ物、干物(一夜干し、みりん干し等)などで食されるほか、カマボコなどの魚肉練り製品の原料として用いられる。愛媛県では郷土料理の一つでばら寿司の一種「松山鮓(松山寿司)」に用いられることで知られる。

Share