松風焼き

松風焼きとは・・・

松風焼き(まつかぜ焼き・まつかぜやき・Matsukazeyaki)は、
鶏ひき肉やすり身に卵、みじん切りにした生姜、長ネギと、、味噌、砂糖などの調味料を加え、成型し焼いてから、表面に芥子の実やゴマ、青のりなどを散らしたもの。単に松風とも。また、けし焼きとも呼ばれる。和食のコースやお弁当、お節料理などに用いられる。鶏のものを特に鳥松風・鶏松風ともいう。出来上がりが四角形や、羽子板状になるように形を整えるが、とくに末広がりの縁起のいい形として、お節料理に用いられるものは羽子板状に成型される場合が多い。

Share