オホーツク網走ザンギ丼

オホーツク網走ザンギ丼とは・・・

オホーツク網走ザンギ丼

オホーツク網走ザンギ丼(オホーツクあばしりざんぎ丼・Okhotsk Abashiri Zangidon)は、
網走産のオホーツクサーモン(カラフトマス)を白魚醤油ベースの甘辛い調味料に浸けてから油で揚げた「網走ザンギ」を丼に盛ったご飯の上にトッピングしたもの。網走のご当地グルメ。北海道のご当地丼の一つ。2008年(平成20年)に、網走産のオホーツクサーモンの美味しさをPRするために、網走市が企業と考案したご当地グルメ。

「正式名称は「オホーツク網走ザンギ丼」とする」
「北海道米のご飯の上に「網走ザンギ」をのせる」(量は自由とするが一個の大きさは揚げる前おおむね35mm四方とする)
「ご飯の上にのせる具材は「網走ザンギ」のほかは自由とするが、なるべく地元産の食材にこだわる。」
「網走産の長いもと網走産の山わさびを添える」
「網走産の貝(しじみ、、あさり等)を使った汁ものをつける」
「小鉢をつける(内容は変更の場合あり)」
「白い器を使う」
「道産の間伐材を使った割り箸と共通の箸袋を使う」
「価格は税込1000円未満とする」
「オホーツク網走ザンギ丼のキャラクター「ザンギマン」を広くPRする」

という「オホーツク網走ザンギ丼のルール」が定められている。

オホーツク網走ザンギ丼

Share