サバ節

サバ節とは・・・

サバ節(鯖節・鯖ぶし・サバぶし・さば節・さばぶし・Sababushi)は、
)の身を加熱してから燻して乾燥させた食品。保存食の一種。サバの節(さばのふし)。脂質が少ないゴマサバ(ゴマ鯖)が原料として用いられる場合が多い。かんななどで削ってから煮出して、、味噌汁、煮ものなどの出汁に用いる。味とコクが強いのが特徴で、そばやうどんの出汁に用いられることが多く、カツオ節や宗田節、いりこ(煮干し)、ムロアジ節などと合わせて用いられることが多い。

Memo

元来、サバはカツオと比べて脂質が多く、出来上がりの「ふし」も、カツオ節と比べてサバ節のほうが(ものによっては)二倍近く脂質を含んでいることもあり、この脂質が「サバ節」で取った出汁にコクを出している要因の一つともいわれる。一方、カツオ節などに比べて香りは弱い為、カツオ節や宗田節などと合わせて用いることにより、香りもあって、味やコクもある出汁を取ることができる。

スポンサードリンク

Share