蒸板かまぼこ

蒸板かまぼことは・・・

蒸板かまぼこ(むしいたかまぼこ・Mushiita )は、
蒸して作る「蒸蒲鉾」(蒸かまぼこ・蒸し蒲鉾・蒸しかまぼこ)の一種で、グチやスケソウダラ、エソなどの魚のすり身を板に盛り、蒸気で蒸しあげて作る蒲鉾のこと。蒸気で蒸して作る板蒲鉾。江戸時代から作られている伝統的なかまぼこで、神奈川県の小田原のものが特に有名。「蒸蒲鉾」には、「蒸板かまぼこ」のほか、主に関西などに多い、蒸してから焼く「焼板かまぼこ」、中国地方や四国地方などで多くみられる、板の代わりに麦わらなどで巻いた「す巻かまぼこ(つと巻)」、富山の名物、昆布巻かまぼこなどがある。→ かまぼこ

スポンサードリンク

スポンサーリンク

Share