タレカツ丼

タレカツ丼とは・・・

タレカツ丼

タレカツ丼(タレかつ丼・たれカツ丼・たれかつ丼・Tarekatsudon)は、
揚げたてのトンカツを醤油味のタレに浸してから、丼に盛ったごはんの上にのせたもの。玉子でとじないタイプのカツ丼の一つで、新潟県新潟市のご当地グルメ、新潟市民のソウルフードの一つとして知られる。新潟タレカツ丼。新潟カツ丼。地元では「たれカツ丼」のほか、単に「」、または「カツ重」などと呼ばれる。全国的には「」といえば、玉子でとじたタイプのカツ丼が多いが、新潟市内ではこの醤油ダレにくぐらせたカツを、丼に盛ったごはんの上にのせたタイプが一般的。多少の差はあるが、「カツ」は薄めで、タレは甘辛いものがスタンダード。新潟市内にある、昭和初期創業の老舗「とんかつ太郎」が「たれカツ丼」発祥の店として知られ、「とんかつ太郎」で修行をした弟子たちが新たに店を開いたことにより、「たれカツ丼」が新潟市内で広く浸透していったという。

「たれカツ丼」の提供店としては、元祖たれカツ丼の店「とんかつ太郎」のほか、「とんかつ政ちゃん」と系列の「新潟かつ丼政家(まつりや)」などがよく知られている。そのほか、市内のトンカツ店、蕎麦屋、居酒屋、レストランなどでも提供されている他、スーパーマーケットの惣菜コーナーなどでも売られている。

とんかつ太郎

とんかつ政ちゃん 沼垂本店(ぬったりほんてん)

とんかつ政ちゃん 新潟駅前店

Share