津居山ガニ

津居山ガニとは・・・

津居山ガニ(津居山蟹・津居山がに・津居山かに・ついやま蟹・ついやまがに・ついやまかに・Tsuiyamagani・Tsuiyamakani)は、
兵庫県豊岡市津居山にある津居山漁港で水揚げされる松葉ガニ()。地名をつけて他と差別化した「ブランドガニ」の一つ。津居山漁港で水揚げされる津居山ガニは、漁場が近く日帰り漁が中心で、鮮度が良いものが水揚げされるため高値で取引される。脚に青いタグがつけられているのが目印で、冬場になると津居山ガニを提供することを謳っている旅館、例えば城崎温泉の旅館などでは「津居山ガニ」の証として青いタグをつけたまま客に提供する場合も多い。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

Share