うに丼

うに丼とは・・・

ウニ丼
三陸のウニ丼(北山崎)

うに丼(海胆丼・雲丹丼・海栗丼・ウニ丼・ウニどん・雲丹どん・うにどん・Unidon)は、
丼に盛ったご飯の上に、生のウニ(海胆・)を盛りつけた丼。海鮮丼の一つ。ウニは、バフンウニ(エゾバフンウニ)、ムラサキウニ(キタムラサキウニ)、アカウニなどが用いられ、ご飯は普通のご飯のほか、酢飯が用いられることもある。

また、ご飯とウニの間、またはウニの上に海苔を散らしたり、シソの葉、ネギなどが薬味として用いられる場合もある。店や時期により生のウニのほか、塩ウニがトッピングされることもある。北海道や東北地方、山口、九州の長崎、熊本など、ウニの名産地として知られる地域の名物料理、ご当地丼、郷土料理となっている。積丹、三陸、壱岐のものは特に有名。

スポンサードリンク

ウニ丼
ムラサキウニのウニ丼

スポンサーリンク

Share