焼き干しいわし

焼き干しいわしとは・・・

焼き干しいわし(焼き干し鰯・焼き干いわし・やきぼしいわし・Yakiboshi iwashi)は、
魚を炭火などで素焼きにしてから乾燥させて作る「焼き干し」の一種で、イワシを素焼きにしてから、天日干しなどで乾燥させたもの。イワシの焼き干し。青森県むつ市脇野沢地区の特産品として知られる。そのまま、煮出して出汁を取って味噌汁やラーメンのスープとして用いるほか、地元では甘辛く煮つけて食べる。

焼くことで水分が飛び、凝縮させた旨味を中に閉じ込める事が出来るために、魚を煮てから天日干しなどで乾燥させて作る「」と比較すると、お湯の中に魚の旨味が逃げることがなく、約5倍ものダシが取れるともいわれる。

スポンサードリンク

Share