茹でる

茹でるとは・・・

茹でる(ゆでる・Yuderu)は、
食材をたっぷりの熱湯で煮て加熱調理すること。調理法の一つ。「うでる」とも。(江戸・東京弁、甲州弁、名古屋弁など。)熱湯の蒸気だけで調理する方法を「蒸す」、食材を煮ずにさっと熱湯をかけるだけの調理(下処理・下ごしらえ)を「湯通し(する)」、短時間でさっと茹でることを「湯がく」という。

お湯で加熱することにより食材に火を通すと共に、アクを抜く、ヌメリや臭みを取り除く、殺菌等の効果もあるほか、生で貯蔵・保存する場合と比べ、色鮮やかに仕上げることができる、変色を防ぐ等のメリットもある。

Share