雑穀

雑穀とは・・・

雑穀(ざっこく・Zakkoku)は、
穀類・穀物のうち、コメ(米)、ムギ()類、トウモロコシなどの「主穀」に対して、ヒエ、アワ、キビなどを含む穀類のこと。分け方によって多少異なる場合があり、「雑穀」として豆類やソバなどが含まれることもある。

食べ物事情が今ほど良好ではなく、白米がまだ貴重だった時代には、雑穀類が主食として食されてきた。現在は、食物繊維やミネラル、ビタミンなどが豊富である一方、低カロリーな食べ物、=「健康食」として認識され、食べられている場合も少なくない。

特に白米と比べて、栄養価が高いものも多く、お米を炊く際に雑穀を混ぜ込んで「雑穀米」として食べる人も増えているといわれる。

雑穀としては、ヒエ、アワ、キビなどがあるが、そのほか、(特にお米に混ぜて食べる用の雑穀として)タカキビ、ハトムギ、オオムギ、白ゴマ、黒ゴマ、黒米、赤米、発芽玄米、黒豆、、キヌア(キノア)、アマランサスなどがある。

雑穀の食べ方

主な食べ方としては、お米に混ぜて炊いて食べるほか、お粥、パン、菓子などがある。

Share