りゅうきゅう

りゅうきゅうとは・・・

りゅうきゅう(リュウキュウ・琉球・Ryukyu)は、

サトイモ科サトイモ属の多年草。芋は食用にならず、茎(芋茎・葉柄)を食べる。高知県の特産品。その名は、沖縄県(琉球)から入ってきたことから。

スポンサードリンク

しゃきしゃきとした食感と淡い緑色の涼味のある色合いが特徴。旬は冬から夏にかけて。

茎には穴がたくさんあいていて、蓮にも似ており、正式にはハスイモ(蓮芋)と呼ばれる。

りゅうきゅう

りゅうきゅうの食べ方

茎の皮をむき、水にさらしてから、酢の物やサラダ、、味噌汁等に入れて食べる。

また刺身のつまとしても使われ、特に新子(シンコ)やメヂカを食べる際には、ブシュカンと共に欠かせない。

そのほか、塩漬けや酢〆にしたりゅうきゅうを乗せた「りゅうきゅう寿司」もある。

Share